24歳在宅ワークの生活を記録するサイト

コムログ

心のこと

対人恐怖症やHSP(敏感な人)に効く、悩みを抱えて疲れてる心を休ませる方法

更新日:

 

対人恐怖症の人やHSP(敏感な人)は、人付き合いなどで疲れることが多いですよね。

僕もよく疲れるんですが、そんなときに心を休ませるためにやっている方法がいくつかあります。

ただ、心を元気にさせることでもなく、特効薬でもありません。

乱れていた心を少し落ち着かせてくれる小技のような方法です。

でも、続けていったり、ふとした時にやると意外と心が落ち着いてきますよ。

疲れてるときに効く、心を休ませる方法

本を読む

僕は疲れているときに、よく本を読みます。

漫画とかではなく小説が多いですね。

昔は小説は苦手で、漫画ばかり読んでいました。

でも、体調を崩している時にふと読んでみたら、頭の中で物語が広がって余計なことを考えないで済み、気持ちが落ち着きました。

漫画だと絵があるので想像をしなくていいのですが、小説は文字だけなので頭で想像をします。そのため、読んでいる間は、嫌なこととか思い出したくないことを考えなくて済みます。

嫌なことを思い出して疲れてしまうことがありますよね。

毎日数ページでもいいので、読んでみると意外と気持ちが落ち着く感覚になりますよ。

ラジオを聞く

ラジオも本と同じ理由で、耳で聴くだけなので想像が膨らみます。

テレビは音と映像で楽しめますが、ずっと見ていると目が疲れたりもしますよね。

リラックスするためにテレビを見ているのに、自分では気づかない程度で疲れたりしています。

耳だけで聴くラジオは、想像が膨らみ、余計なことを考えないで心を休ませてくれます。僕はよくお笑い芸人のラジオを聴いたりしてます。

また、ユーチューブなどで、音だけで聴く芸人さんの面白い話なども聴いています。

夜ずっと聴いていると、笑ってしまって眠れなかったりもするのですが、辛いことなどを考えないで良いのでオススメです。

めいそう

自分はちゃんとした瞑想をしているわけではないんですが、本では「リラックスできる方法」として、よく書いてあります。僕は、時々目をつぶって深呼吸をゆっくりと繰り返すことをしています。

長い時間やるわけではなく、5分ぐらいですが、深呼吸するとリラックスできますね。

日記を書く

日記を書くと、自分の今日の出来事や心の状態が分かります。

自分の字が汚いときは心が乱れている時で、逆に字が綺麗な時は心が落ち着いている時です。それに、気持ちを紙に書くことでスッキリすることがあります。

誰にも話せない悩みを抱えているなら、紙に書くだけでも少しは落ち着きますよ。

自分の考えていることを整理することもできます。

よく「日記は続かない・・」と言いますが、たしかに習慣にするのは大変なことですよね。でも、続ける必要はなくて、書きたいときに書くのがいいですよ。

それと続けていくなら、「最初は1週間に1回でも書けたらOK」などのように自分に優しくすると気楽に日記を楽しめることができます。

僕も最初は書きたい時に書いていました。

しんどすぎる時は書かなかったり、今日は書いてみようかなと思ったときに書いていたりしました。

今は、3日に1回ほどの頻度で書いています。

日記は自分のことを書くので、自分を客観的にみれるようにもなりますよ。

筋トレや運動をする

筋トレや運動は、体は疲れますが心はスッキリとします。

時々でもいいので、汗を流すと気持ちが良いですよ。

僕は筋トレを3日に1回程度ですが、続けられています。

筋肉がつくことで自信にも繋がっていますね。

食欲も増して、健康的な体になったのもメリットです。

特にデスクワークの仕事をしている人達は、運動をする機会がないですよね。

自宅でストレッチでもいいので、深呼吸しながら行うと心が落ち着きますよ。

親など、人に相談する

誰にも言えない悩みを抱えたり、人間関係などで心が疲れている時は、誰かに悩みを打ち明けると、心が軽くなることがあります。

親でもいいので、相談できそうな相手に悩みを打ち明けるのはオススメです。

1人で考え続けると、どんどん心のエネルギーは消費していきます。

なぜなら現時点で解決できない悩みを1人でずっと考え続けるからです。

人に相談することは、特効薬になることがありますよ。

僕も、人が怖いという悩みを親や友達に相談しています。

それだけじゃなく、仕事など様々な悩みを打ち明けることで、気持ちが軽くなりましたね。

余計に疲れてしまうこと

テレビを見る

前述しましたが、テレビは音だけでなく映像もあるので、気楽に楽しめる娯楽ですよね。でも、映像は色んな情報が入ってきます。

想像をしなくていいので楽なのですが、逆に疲れることがあります。

頭を使わないで済むので、逆に悩みを抱えている人にとってはリラックスできないんです。

それよりも小説やラジオなど、頭で想像する娯楽の方が悩みを考えなくなるのでオススメですよ。

ネットサーフィンをする

ネットサーフィンは、色んな情報を知れて楽しいことですよね。

でも、その分情報が頭の中に入ってくるので疲れてしまいます。

暇つぶしにやっていることが心を疲れさせる原因になっているんです。

なので、疲れている人にとってはオススメできないことですね。

僕も、ついついスマホで色々と調べてしまいますが、長い時間やっていると疲労していました。疲れている時は、ネットサーフィンは少しだけにした方がいいですよ。

ただぼーっと寝転ぶだけ

ぼーっと寝転ぶとリラックスできることもあります。

ただ、長い時間寝転んでいるだけだと人によっては悩みをずっと考え続けてしまいますよね。

なので、心が疲れている時は、ぼーっと寝転ぶよりも何かリラックスできる行動をした方がいいですよ。今の僕も、家でずっと寝転んでいると不安が大きくなったりして、余計に疲れてしまいます。

それよりも仕事していたり、本でも読んでいる方が落ち着くことが多いですね。

一緒にいて疲れる人と無理して遊ぶ

対人恐怖症の人やHSP(敏感な人)は、友達の誘いを断れなくて、つい遊んでしまうことがありますよね。孤独にもなりたくないから無理して遊んでしまったり。

でも、それは疲れてしまう原因にもなります。

僕も友達と遊ぶことがありますが、遊んでいると疲れていくことがあります。

疲れてまで、無理して遊ぶ必要はないですよね。気を使いすぎているのかもしれません。もし遊ぶとしても、短時間でなら気楽な気持ちで楽しめますよ。

まとめ

対人恐怖症の人やHSP(敏感な人)は、人付き合いなどで疲れることが多いですよね。悩みがずっと頭から消えないこともあります。

今回紹介した方法は、どれも小さなことですけど、僕は効果を感じました。

ただ、人それぞれリラックス方法は違いますし、他にもリラックス方法は沢山あると思います。

なので、今回紹介した方法も参考にしながら、自分に合う方法を色々と試してみて見つけていってくださいね。

悩みを抱え続けると疲れてしまうので、一緒に良い方法を探していきましょう。

-心のこと

Copyright© コムログ , 2019 All Rights Reserved.